リバウンドを忘れさせるくらいのダイエット

ダイエットでリバウンドをしないためにはどうすればいいのでしょうか?

誰もが思うことだと思いますが成功するためには秘訣があったのです。

なぜ失敗してしまうの?

まずこれまでに失敗している人はなぜ失敗してしまうのか、その原因をはっきりさせることが重要です。生活習慣を改善することも重要ですがそれが難しかったりします。知識がないから失敗するのか、それとも実践する力がないのか、原因を探れば色々なことがわかりますし、自分のこともよくわかるかもしれません。肥満で悩んでいる人、リバウンドをしてダイエットに成功しない人は何らかの原因があるはずですので、まずは自分がなぜ痩せられないのか、それを考える必要があるでしょう。

簡単には痩せられない

どんなことでもそうなのですが簡単にできることはあまりないでしょう。痩せると一言で言っても実は簡単なことではないのです。太ることはとても楽なことで少し食べ過ぎればそれだけで太ってしまうのですが、そうではなくて、痩せるというのはとても大変なことです。そして最初は成功していて体重が落ちていたかもしれませんが、それがしばらく続くと停滞してしまい全く痩せなくなる時期もあるのです。体重が落ちない時期が来るとしても、そこで諦めることなくいかにその時期を我慢して乗り越えることができるかが重要となっています。最初は誰でも落ちやすいですが、ここからが正念場であることを理解しておくといいでしょう。

カロリーをチェックする癖をつける

何を食べる時にも、何を買うときも、必ずカロリーをチェックして食べる癖をつけるといいかもしれません。コンビニでランチを購入する際に、これまでカロリーを確認していなかったという人は、カロリーは必ずチェックする癖をつけましょう。何を食べるにしてもカロリーを見て食べることを身に付けると、それだけで意識が引き締まりますので、スムーズに痩せることにもつながります。そしてカロリーを覚えられればさらにいいですね。だんだんカロリーを見る生活をしているとどれだけ食べればどれだけのカロリーがあるのかということが何もみなくてもわかってくることもあります。意識をつけるためにもカロリーを見る習慣を繰り返しましょう。

運動でエネルギーを少しでも消費

運動をしてもかなり激しい運動をしなければエネルギーは消費しないからと言って、しない人がいますが、しないよりはしたほうが断然成功につながりますので、わずかであるかもしれませんが痩せるために続ける必要があります。どんなことでもいいのです。ストレッチや軽いエクササイズでもいいですから、手軽に続けられて、そして毎日自分が続けられると思う方法で続ける必要があるでしょう。続かなければやっても意味がありません。今日はやっても、明日はやらないというような不定期で行うのもやめたほうがいいでしょう。やるならしっかりと続ける必要があります。

毎日体重を計測する

毎日体重を計測したところで何が成功につながるのかと不思議に思う人もいるかも知れないのですが、不思議なことに体重を毎日計測するだけで意識が引き締り痩せる効果をもたらしてくれることはあります。ですから朝か夜、自分が決めた時間に毎日体重を計測することを続けてみましょう。

変化は個人差がある

痩せる効果というのは個人差があることを理解しておきましょう。Aさんと同じ方法で痩せようと思っていたのに、Aさんはすぐに痩せたけれど自分は全く効果が現れなかったといったこともよくあることです。体型の違い、体質の違いなどもありますので、個人差があるということは理解しておいたほうがいいでしょう。最初から個人差があることを理解しておくことがとても大事です。それが長続きさせることの特徴にもつながります。

意思をしっかり持つことからはじめよう

なぜ痩せようと思っていたのでしょうか。彼氏に振られたとか、お気に入りのワンピースが入らなくなったなど理由は様々かもしれませんが意思をしっかりと持つことは重要です。何のために始めようと思ったのかしっかりと理解した上で自分でそれを目的にして、目標を達成させるために強い意志を持っていればきっと長続きさせることができるでしょう。それが実は原因にもつながっているということもあります。原因の解決方法が痩せる方法だったりしますのでその分析もしっかりと行いましょう。意外と痩せるということは、ただ食べることを我慢する、運動をするというだけでなく、頭脳で色々と考えることも大事です。

成功するためにはそれなりのコツが必要です。そのコツを抑えて続けようという意思がなければなかなか成功までの道のりは長いと言えるでしょう。成功した人の多くはコツを抑え、強い意志を持っているのです。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.